リフォーム費用はいくらかかる!?具体的なリフォーム場所と費用について

リフォームを行う前に最も気なる点としては、リフォームの費用はいくらかかるのかという点だと思います。

今回はわかりやすくリフォームの費用について詳しく解説したいと思います。

リフォームは行う場所により費用が大きく変わる

リフォームにかかる費用は一般の方には非常にわかりにくいものです。

リフォームの費用は大きく分けると、「材料費」「人件費」「その他諸経費」に分けられます。

材料費も人件費もリフォームを行う場所や広さによって異なってきます。

一般的には広い箇所のほうが材料費も人件費も費用は高くなります。

具体的にいくら程度リフォーム費用がかかるかについては以下に記載しています。

各リフォーム費用の相場について

リフォームは施工する場所により費用は大きく異なります。

小さなリフォームであれば数十万円で事足りますが、住宅全体や断熱や耐震リフォームの場合、1,000万円を超えるリフォームもよくあります。

具体的なリフォーム参考費用としては以下になります。

ただし、参考費用のため、すべての事例がこれに当てはまるとは限りません。

場所 相場
外壁(一坪あたり) 12,000円~20,000円
リビング 100万円~300万円
キッチン 50万円~150万円
 浴室・お風呂  50万円~150万円
屋根 100万円~150万円
ダイニング 50万円~100万円
寝室 50万円~100万円
トイレ 20万円~50万円
洗面所 20万円~50万円
エクステリア 10万円~50万円
玄関 30万円~50万円

代表的な箇所のリフォーム費用について

リフォーム費用は上記のように住宅の場所により費用が大きく変わってきます。

また、価格も幅があり一式〇〇万円というような見積もりはすぐには出せないものです。

住宅な場所による具体的なリフォーム費用の決まり方など以下を参考にしてください。

リビングのリフォーム費用について

リビングのリフォームは住宅のリフォームの中でもかなり大規模になることが想定されます。

クロスの張替えだけであれば価格は抑えられますが、間取りの変更や断熱リフォームなどを含めると費用は大きくあがります。

ご予算に応じたリビングのリフォームのご提案はワイエム企画は得意としておりますので、ご相談いただければと思います。

リビングのリフォームについてのお問い合わせはこちら

浴室、お風呂のリフォーム費用について

浴室のリフォームも住宅の中ではリフォーム費用が高くなりやすい場所です。

昔からあるお風呂をユニットバスに変更したいという場合、価格が高くなる傾向があります。

一方、ユニットバスからユニットバスへリフォームしたいという場合は比較的費用を安く抑えられます。

キッチンのリフォーム費用について

キッチンのリフォームも住宅の中では費用が高くなる傾向です。

給排水の設備状況により価格が変わりますが、レイアウトを変更せず、システムキッチンのみを変更するという場合は比較的費用を抑えられます。

一方、キッチンの間取りを含めてリフォームするという場合、給排水の設備からリフォームが必要で費用が高くなります。

トイレのリフォーム費用について

トイレのリフォームはワイエム企画では、リビングリフォームなどといっしょに大規模リフォームとして行うことが多いです。

トイレも間取りを変えると価格が高くなる傾向がありますが、古い洋式トイレから新しい洋式トイレにリフォームするという場合はある程度パッケージ化できており価格を抑えることができます。

洗面所のリフォーム費用について

洗面所のリフォームはどの程度行うかにより費用がかわってきます。

クロスの張替えのみ等の場合価格を抑えることができます。

一方、洗面台を新しいものへ変えるという場合、洗面台のグレードにより価格が大きく異なってきます。

リフォーム費用を安く抑えるために

リフォーム費用はできることならば価格を安く抑えたいものです。

しかしながら、リビングから浴室、トイレ、キッチン、洗面所などリフォームしたい場所を増やしていくと見積もり費用もあがってしまうものです。

リフォーム費用を安く抑えるためには以下方法などで工夫するとよいでしょう。

最初からリフォーム費用の予算を決めておく

リフォームの依頼をするときに、あれもこれも見積もり依頼をしてしまうと見積書を見たときにあまりの高さにびっくりしてしまうと思います。

そのようなミスマッチを防ぐためにも事前に「今回のリフォーム費用は〇〇万円まで」とリフォーム業者に伝えてから見積もりを依頼するようにしましょう。

リフォーム業者も現実的な根拠ある予算であれば予算を大きく超えた見積もりを提示することはありません。

リフォームの見積もりをする前に費用感を抑えてから見積もりの依頼をすることで予算内でおさまると思います。

設備のグレードを落とす

リフォーム費用を抑えたい場合、各種設備のグレードを下げることでリフォーム費用を抑えることができます。

ユニットになっている設備に関しては、グレードにより費用はだいぶ異なります。

「住めば都」ではありませんが、費用感が合わない場合、設備を落としてリフォーを行うことで満足する結果になることが多いです。

補助金を有効活用する

リフォームは内容により国や都道府県、市区町村などから補助金がでることがあります。

補助金を有効活用することでリフォーム費用を抑えることができます。

補助金の申請はリフォームを依頼する個人が行うこともありますが、リフォーム業者が補助金の申請を行うこともあります。

そのため、リフォーム業者に補助金を使える方法がないか見積もり時に依頼してみるのがおすすめです。

また、「リフォームの補助金について詳しく解説 利用する前に知っておきたいことや制度・事例を紹介」ではリフォーム時に利用できる補助金について詳しくまとめているのであわせて読んでみてください。

リフォーム費用はいくらかかる!?具体的なリフォーム場所と費用について

リフォームを行うときには費用がいくら価格か気になるものです。

リフォームを行う場所により費用は異なります。

相場としては、リビングは100万円~300万円、キッチンは50万円~150万円など相場はあります。

リフォーム費用を安く抑えるためには「最初から予算を決めておく」、「設備などのグレードを落とす」、「補助金などを有効活用する」などのポイントがあります。

これら点に注意するとリフォーム費用を抑えることでき、リフォームを成功させることができると思います。